ADHDへの理解と対応

原因・タイプについて

■…ひとりの子の中に同居する

 AD/HDとアスペルガー症候群などの自閉症圏の障害は基本的に違うと考えられてきました。しかし、ひとりの子どものなかで両方の姿がみられる場合もあります。両者の関係と対応法について考えます。

■タイプで変わる課題と対応

 子どもたちとつきあっていても、なかなか子どもの姿を適切に理解することは難しいものです。ADHDのタイプを見分けるポイントと対応法を表にしてわかりやすくご紹介します(混同されやすい「広汎性発達障害」についてもあわせてご紹介します)。

その原因と3つのタイプ

 私達が出会ったAD/HDの子どもの姿を通して、どうしてそういうことをするのかといった理由や、対応法について考えていきます。


■…ひとりの子の中に同居する

 中学生になったSくんは、最近まわりと上手くいかないと嘆くようになりました。他の子たちと自分は違う、とも思いだしたようです。

●お口の多動

 どうして上手くいかないかとSくんに聞くと、おしゃべりで人の話を聞かないからだと言います。授業中もよくしゃべるようで、人の迷惑になっていると自覚しています。こういう姿には、AD/HDの特徴が現れています。「お口の多動」という状態です。衝動性の強いAD/HDの子の中には、思ったことを黙っていられない子がいます。「発語の自己コントロールができない」と表現されたりします。
 最近の沈んだ姿には、「感情のコントロール力が弱い」という、AD/HDの特徴も現れていると感じます。高ぶったり落ち込んだりと、あたかもエレベーターに乗っているかのように、短時間で変化します。

●人を非難する

 彼は、他の子が校則違反をするのが許せません。先生に話に行ってしまいます。友達が悪いことをした時に、「センセーに言ってやろ」とはやし立てるのは、小学校低学年までの姿です。規則やルールをたてに、一方的に人を非難するのは社会性が幼いと言えます。関係ができてくると、仲間を傷つけたり、大人に告げ口してはいけないことがわかってきます。こういう変化があって、子どもたちは「徒党が組める」ようになります。告げ口する子は徒党に入れません。こういう姿は、アスペルガー症候群の子たちに、ときに見られるものです。

●AD/HDと自閉症

 最近出版された『ADHDと自閉症の関連がわかる本』(ダイアン・M・ケネディ著、海輪由香子訳、明石書店刊)では、題名どおり両者の類似点を示しています。

1.患者集団と診断法の類似点
 両者は共通して男の子に多いことがわかっています。二つの姿を、たとえばチェックリストで比較するとよく似ていると言います。他の子と上手く遊べない、パニックを起こすなどが似ている点です。

2.ぶきっちょなところ
 動きがぎごちない、目を閉じて片足立ちするのに問題がある、字を書くのが下手など、運動機能に問題が見られます。

3.感覚反応の奇妙さ
 触覚、嗅覚、聴覚、視覚など感覚反応に、過敏と鈍感が目立ちます。こういう姿が両者には共通します。

4.共存症の類似点
 睡眠障害、読みに関する障害、躁うつ病、気分および不安障害、うつ病、学習障害、反抗挑戦性障害、強迫性障害などが両者に共通して見られます。

5.実行機能など障害の類似点
 実行機能とは、適切に注意を働かせ、得られた情報をもとにいくつかの考えを比較検討し、より適応的な行動を選択・判断し、それを実行できる力と言えます。この実行機能に問題があれば「不注意で気が散りやすく、衝動的という特徴」が現れると本書には書かれ、両方に共通した姿とされます。

6.言っている意味がわからない
 両者にはコミュニケーション障害があるものの、両者の大きな違いは「あり様ではなくその程度にある」と述べられています。まったく異質なものではなく、わからなさの度合いに差があると考えられています。

7.みんなのように遊べない
 AD/HDは社会性という点で、アスペルガー症候群などの自閉性障害とは違うと思われています。ただ実際には、幼い時にはあまり人見知りせず、また人の気持ちがわかりにくいなど似たところがあります。順番を守れないなど、社会的なルールを学ぶことも苦手な点も、両者に共通します。

8.行動の類似点
 両者にしばしば見られるのが、かんしゃく行動やパニックです。自分の思いどおりにならないと大騒ぎにつながりやすいのです。感情がすぐに発火点までに達し、爆発してしまいます。終わった後にケロリとするのも共通しています。気分を変えることが苦手で、一旦とらわれてしまうと、その感情からなかなか抜け出られないとも言えます。

9.同一性の保持など
 この稿ではこれまで何度か述べてきましたが、AD/HDの場合、同じことを繰り返し考える傾向が見られます。注意が移りやすい一方で、何かの考えにとらわれると、そればかりを考えてしまいます。このことがベースにあるためか、強迫的な姿が見られることもあります。同じような行動が、自閉の青年に見られることがあり、両者は似たところを持つと言えます。

●類似点と対応法

 AD/HDと、アスペルガー症候群などの自閉症圏内の子どもは、基本的に違うと見られてきました。ただ実際には、ひとりの子どもの中にSくんのような姿が見られます。二つの病気が併存していると考える立場もありえます。実は根っこの発達障害はひとつであり、現れ方が違うだけと理解するのがこの本の立場です。どちらが正しいかは、これから先の研究が明らかにしてくれるでしょう。
 本書は、まわりの大人が子どもを決めつけないことの大切さを教えてくれます。自閉症だから環境の構造化、AD/HDだから行動の枠組みをはっきりさせるべきと単純には言えません。まずは大人のほうが自閉的になったり、強迫的にならないように気をつけたいものです。一人ひとりの子どもの姿をもとに、対応は柔軟に考えるべきと思います。

 

■月刊 発達教育より 湯汲 英史(発達協会王子クリニック)言語聴覚士
小倉 尚子(発達協会王子クリニック)言語聴覚士


■タイプで変わる課題と対応

 今回は、これまでと視点を変え、ある表を紹介します。
 子どもたちは言うまでもなく、成長の途中にあります。途中ということは、未熟、未完成とも言えます。問題なのは、子どもの未熟、未完成が大人には、時には実際より大きく、重大にとらえられてしまうことです。  現在、多くの情報が容易に入手できるようになりました。あたかも性格判断のように、インターネット上のチェックリストで子どもに診断名をつけてしまう大人もいます。問題なのは、診断名から子どもに対する誤ったイメージができかねないことです。誤ったイメージが、発達診断を間違った結果に導くこともあります。
 実は、発達診断を専門とする者にとっても、子どもの姿を正確にとらえることは、とても難しいのが真実です。発達をはかるための物差しである検査が、正確には能力をはかりきれない、ということもあります。それよりも何よりも子どもの成長の姿が、生来の部分、環境要因などと複雑に影響しあってあらわれることが、一番の理由だと思います。

 前置きが長くなりました。とはいうものの、何も手がかりがないと指導には進めません。子どもたちと向い合っていても、自信がなかなか持てません。
 AD/HDには、三つのタイプがあるとされます。今回は三つあるタイプのなかで、特徴的な二つを見分けるポイントと対応の指針を示した表を紹介します。(残りの一つのタイプは二つの混合型です)
 また、AD/HDと混同されやすい、自閉的な部分を持つ「広汎性発達障害」についても比較してみました。

■月刊 発達教育より  湯汲 英史(発達協会)言語聴覚士・田中 亜古(発達協会)社会福祉士

≪主な行動特徴-AD/HDのタイプ別・及び広汎性発達障害との比較≫

                                                (社)発達協会 王子クリニック心理・言語室 
                                                              作成 (2003年第一版)

 
(a)多動−衝動性優勢型
(b)不注意優勢型
高機能広汎性発達障害
判断基準 (*1) 気分で判断、幼いレベルで判断 気分で判断、幼いレベルで判断          周りに流されやすい 時間・数・知識等の外部基準に依拠する傾向、独自の論理で判断することも

対人関係
関わりたい気持ちは強いが、関わり方は上手ではない   関わり方は上手ではない 対人興味は持つが、関わりは少ないタイプと、関わるが上手ではないタイプがいる
会話
おしゃべり、話を聞くのが苦手、失言が多い 話がまとまらない 事実のみを話し口数の少ないタイプと、自分の興味のままに一方的に話すタイプがいる
気持ちの理解
相手の気持ちを理解できるが、自分の都合を優先し、相手を思いやれない 気持ちの理解はできるが、相手に合わせてしまい、自分の気持ちに気づきづらい 相手の気持ちを理解しづらい
集団参加
ルールを守れず、トラブルが多い。他の子に嫌われることも お世話される、幼い扱いをされる 設定の明確な場面(授業等)では目立たないことも。自由時間はひとりが多い
親子関係
とくに母親に反抗しやすい とくに母親に反抗しやすい とくに母親に対し、依存的
約束
自分の都合を優先させ、守れない 忘れてしまう、ついうっかり破ってしまう 納得していれば、守る

整理整頓
途中で他のことに気をとられやすい 分類する・順番に片づける・元に戻などが困難  決まったとおりにやる、こだわることもある
忘れ物・落とし物
しばしばある、見つからず大騒ぎすることも 頻繁にある あまりない、元の場所に戻す
お手伝い
自分の都合を優先させ、やれないことが多い 後回しにするうちに忘れてしまう 決まった仕事はやる
身辺自立
服を脱ぎ散らかす等ルーズ、雑 なかなか始めず、後回しにする 一定のやり方でやる、マナーには無頓着
睡眠
なかなか寝つけない、起きられない なかなか起きられない 決まった時間どおり

タイプ別特徴

重点課題と対応

気分や自分の都合で判断・行動

        ↓

感情をコントロールする力をつける

大人が決定権を持ち、判断基準をしっかり教える


なかなか行動をスタートできない    忘れてしまう、物事を整理できない

         ↓


行動をスタートしやすくするよう援助する

忘れないために、見て分かるよう工夫する

外部基準に基づいて判断、教えられたとおりにやる相手に合わせるよりも、自分の論理で行動
          ↓


判断基準に幅をもたせるなど、柔軟さを養う   
間違った論理は、説明して修正する

注)AD/HDには以下の3つのタイプがある
(a)多動−衝動性優勢型、(b)不注意優勢型、(c)混合型:多動−衝動性と不注意両方に当てはまる

*1 判断基準:人が何かを判断し、行動する際に手がかりとなる基準

 

■月刊 発達教育より 湯汲 英史(発達協会王子クリニック)言語聴覚士
小倉 尚子(発達協会王子クリニック)言語聴覚士

 


その原因と3つのタイプ

私達が出会ったAD/HDの子どもの姿を通して、どうしてそういうことをするのかといった理由や、対応法について考えていきます。

A君の場合
 A君が、初めて私達のところにやってきたのは今から5年前の、もうすぐ4歳とい う時でした。お母さんはA君のことを、歩き始めの頃から落ち着かないと思っていたそうです。ただ男の子はこういうものかな、と考えていたとのことでした。ところが、保育園に入ったA君は、しばらく経っても集団行動がとれません。園の先生から、そのことが問題と指摘され、私達のところに相談に来られました。
 当時のA君には、集団行動がとれないことのほかに、次のような問題がありました。
●着替えの途中で遊んでしまう。このために、とても時間がかかる。
●あちこち目移りするために、一つのおもちゃで集中して遊べない。はさみを使ったりする工作で、最後までやり遂げられない。造形活動は、はじめからいやがり、やろうとしないことも多い。
●順番などで、待っていられない。
●ほかの子に手や足が出る。
●自分のクラスから出ていき、他の教室に行ってしまう。
●お母さんが洗濯物を干すなど、家事をしている間に外へ出ていく。
●高い所にのぼりたがる。また高い所を怖がらない。
●人見知りをせず、誰にでも声をかける。
●自分の思い通りにならないと、大声をあげて騒ぐ。
 こうやって、当時のA君の行動をあげてみると、AD/HDの子ども達に特徴的なものが、いくつも含まれていることがわかります。

注意欠陥多動性障害(AD/HD)と三つのタイプ
 AD/HDの子ども達の姿は、実に千差万別です。いろいろな姿を示す子ども達がいます。ただ特徴的な行動から、幾つかのグループに分けることができます。たとえば、@多動性―衝動性優勢型、A不注意優勢型、B混合型という3分類もその一つです。
 この分類でみると、A君は「多動性―衝動性優勢型」といえます。なお、この分類でわかりづらいのが「不注意優勢型」かもしれません。このタイプは、多動性や衝動性はさほど目立ちません。なかには、おっとりし過ぎて、まわりのスピードについていけず、たびたび注意を受けてしまう子もいます。物を忘れたり、なくしたりするのが多いのも特徴です。整理整頓が苦手、約束の時間を守れないなども目立ちます。
 最近、「片づけられない女たち」(サリー・ソルデン著/WAVE出版)という本がマスコミで取り上げられています。このタイトルに、自分のことではないかと、「どきり!」とした女性も多いようですが、この本のテーマは、この「不注意優勢型」の女性です。このタイプは女の子に多いようです。なお、子どもの頃には「不注意優勢型」だったのが、大人になるにつれ「多動性―衝動性優勢型」になったという女性もいます。AD/HDのタイプは、必ずしも不変ということではなく、変化していくこともありえるようです(なお、「不注意優勢型」についても、これから取り上げる予定です)。

注意欠陥多動性障害(AD/HD)の原因
 一般的には生まれつきの脳の発達の問題と考えられています。主にはドパミンやノルアドレナリンといった脳の神経伝達物質に関連した神経系の機能障害、部位でいえば、それらの神経系が活発に活動している前頭葉(とくに右前頭前皮質)、大脳基底核および小脳の機能障害が推測されています。また、AD/HDの子どもの親や兄弟も似たような症状をしばしば持っていることから、遺伝の関与が大きいとも考えられています。ときには、遺伝子の関与ではなく、脳に同様な変化をもたらすことがあるてんかん、出生時低体重、脳の外傷や腫瘍など器質的な障害、代謝疾患による場合もあります。また、これらの神経系の活動は環境因子や睡眠リズムによっても変化する部分があり、発達早期すなわち乳幼児期の環境や生活リズムは、その後の脳の発達に影響します。従って、症状の出方や強さは、生まれつきの因子に規定されるところはあっても、小さいころからの対応や環境に影響を受けると考えられます。極端に不適切な環境は、それだけでも情緒や行動面の障害を引き起こすともいわれています。今まで問題になったころがある糖分のとりすぎ、鉛、アレルギー、環境ホルモンなどは原因として証明されていません。

守らせたい生活リズム
 さて、A君に戻ります。彼がAD/HDなのは間違いありません。ただ、彼の落ち着きのなさは、日々の過ごし方とも関係がありそうでした。たとえば、彼の就寝時間はしばしば深夜に及んでいました。朝、登園しなくてはいけないのでお母さんが起こすものの、本人は寝ぼけ眼(まなこ)で支度などできません(なお、多動の子の多くは、朝などの寝起きが悪く、なかには、極端な不機嫌を示す子がいます。このことは、脳の働きと何らかの関係があるのかもしれません)。
 AD/HDの子達の多くは、眠るのが「下手」です。いつまでもフトンの中で、ゴソゴソと動きまわるので、触覚刺激がいつも脳を刺激してしまいます。このために脳は眠りのステージに入れず、半覚醒状態が続いたりします。こういう具合で過ごし、毎日何時間もスムーズに寝入ることができない子達もいます。
 大人でも、生活が不規則になるといらいらしやすくなります。生活リズムの安定は、AD/HDの根治法ではないのでしょうが、子ども達の問題を軽くするには、十分に配慮すべきポイントと思います。

■月刊 発達教育より  湯汲 英史(発達協会)言語聴覚士・田中 亜古(発達協会)社会福祉士

●AD/HD 目次へもどる●