------------------------------------------------------------
書籍・ビデオ・DVD・ドリル・教材について

●送料は、5,000円(税込)以上で無料です。1回のお申込みが5,000円(税込)未満の場合は、一律300円(税込)いただきます。
●こちらからお送りする郵便振替用紙でお振込みください。また、振込手数料はご負担ください。商品はご入金確認後、1週間から10日程度でお送りします。
●月刊「発達教育」と同時にお申込みをされても、発送や振込用紙は別になりますのでご了承ください。
●ショップカートの計算には、送料が反映されません。ご請求時に加算させていただきますのでご確認ください。
●10点以上のお申し込みは、通信欄に商品名と点数をご入力ください。




book

0歳〜6歳
子どもの発達とレジリエンス保育の本
〜子どもの「立ち直る力」を育てる〜

湯汲英史 著


ストレスに負けないために。
子どもの発達段階に合わせた、立ち直る力の育て方を解説!

仕様 AB判 96ページ
定価 本体:1700円+税
発行 学研プラス

数量:



【目次】
はじめに
レジリエンスとは・・・・・・
レジリエンスを支える9つの力

Part1 子どもの育ちから見るレジリエンス
1 子どもという特性
2 自分を客観視する・・・・・・メタ認知の形成と獲得
3 社会性の発達とレジリエンス
4 社会性の発達と仲間関係

Part2 事例から見るレジリエンス
他の子のものを取る子ども
「イヤイヤ」期にいる子ども
親からネグレクトされ、愛着関係が築けていない
ことばの遅れから、知的障害があると「誤診」
園の生活に疲れて、やっていることを途中でやめてしまう
クラス崩壊?からの脱出
感情の揺れが激しく乱暴で、「多動」と見られてしまう
考える力が弱い子の母親が、園の対応にいらだってしまう
友だち関係がうまくいかず、生活も不規則・不安定に
誰にも相談できず、悩みを抱えてしまう
何ごとにも不安で自信が持てず、力を発揮できない
人との距離感がつかめず、友だちとうまく関われない
部活での友人関係に悩み、自分の殻に閉じこもってしまう
今の自分を受け入れることができず、頑張りすぎてしまう
自立の時期に関わる葛藤と身体的反応
父親−息子関係の困難さとレジリエンス



編者プロフィール

湯汲英史(ゆくみえいし)
言語聴覚士・精神保健福祉士。早稲田大学第一文学部心理学専攻卒。公益社団法人発達協会王子クリニックリハビリテーション室、同協会常務理事。早稲田大学非常勤講師、練馬区保育園および西東京市の学童保育巡回相談員などを務める。




HOMEへ戻る