職員の読書日記 職員の読書日記

このページでは、職員の読書日記を紹介いたします。
発達協会の職員である私たちが、出会った本の感想などを紹介するページです。


第15回
「発達障害とことばの相談−子どもの育ちを支える言語聴覚士のアプローチ−」
中川信子/小学館新書/定価 本体740円+税


公益社団法人 発達協会 王子クリニック 飯田 祐美(言語聴覚士)

著者である中川信子先生は、「子どもの発達支援を考えるSTの会」の代表で、健診、療育、ことばの相談、特別支援教育などにかかわるほか、執筆講演活動も行っている第一級の言語聴覚士です。本書では、子どもを対象にした言語聴覚士の活動と発達障害や何らかの心配がある子どもの「ことば」を育てるくらしを、ていねいに紹介しています。

中川先生は、「規則正しい生活、体を使う楽しい遊びや体験の中でことばをかけてもらい心を通わせること。そんな『ことばのビルを建てる暮らし』が子どもの育ちを促します。」と述べています。この『ことばのビル』とは、本書に出てくる脳のはたらきとことばの発達とを重ね合わせて示した図です。『ことばのビル』から言語面の細かいことに目を向けるだけでなく、発達の全体像を見失わずに毎日の生活を、ひとつずつていねいに積み重ねていくことが大切であると分かります。また、脳の構造と言語との関係の話だけではなく、多方面でご活躍されている中川先生ならではの体験談や子育て中のご家族のエピソードなども書かれています。

タイトルを見ると言語聴覚士のための本のように思われる方もいるかもしれませんが、言語聴覚士として障害のある子をどう捉えて接するのかについて書いてあるだけではありません。親ごさんが本書を手にとり、希望をもって子育てに向き合うきっかけになってほしいという願いも込めて書かれている本なので、保護者の方にもおすすめです。




第1回 「子どもの集中力を育てる」齋藤孝 著

第2回 「自閉症の子どもと家族の幸せプロジェクト ―お父さんもがんばる!「そらまめ式」自閉症療育」藤居学 著

第3回 「皮膚感覚の不思議」 山口 創 著

第4回 「子どもの理解と援助のために 感覚統合Q&A」 佐藤 剛 監修/永井洋一・浜田昌義 編集

第5回 「脳からわかる発達障害−子どもたちの「生きづらさ」を理解するために」 鳥居深雪 著

第6回 「自閉症の社会学」 竹中 均 著

第7回 「ピーティ」 ベン・マイケルセン 著

第8回 「発達障害の子の感覚遊び・運動遊び」 木村 順 著

第9回 「発達障害のある子を理解して育てる本」 田中哲・藤原美里 著  監修/学研プラス

第10回「発達障害の子に「ちゃんと伝わる」言葉がけ―日常生活の「できる」を増やす伝え方のルール」佐々木正美 著

第11回「ADHDのある子を理解して育てる本」 田中康雄 監修

第12回「自閉というぼくの世界」 なおき 作・エスコアール

第13回「子どもの気持ちを知る絵本B 発達凸凹なボクの世界−感覚過敏を探検する−」 プルスアルハ[<お話と絵>細尾ちあき/<解説>北野陽子]著

第14回「ヒトはなぜ協力するのか」 マイケル・トマセロ 著

第15回「発達障害とことばの相談−子どもの育ちを支える言語聴覚士のアプローチ−」 中川信子 著

第16回「自閉症の僕が跳びはねる理由」東田直樹 著

第17回「発達障害の子の『イライラ』コントロール術」 監修:有光興記